ドブづけってすごい! / 木下

こんにちは、木下です。今回は玉島のM様邸に取り付けられた、ドブづけ工法によってメッキされた玄関手摺りについて書かせて戴きます。「ドブづけ」正式名称は溶融亜鉛メッキですが、現場ではあまり使われず、メッキ槽に浸ける様子から、俗にドブづけとか、テンプラなどとよばれてます。鋼材の表面に亜鉛の合金層を形成することで、亜鉛の犠牲的防食作用により鋼材の腐食を抑制するため、屋外に設置される鋼構造物の防食処理として広く採用されてます。犠牲的防食作用により腐食を防ぐなんて亜鉛ってとってもいい奴ですね。

ページのトップへ