フラット35機構団信について/木下

皆様こんにちは、今日は、先日労金ローンセンターで行われた住宅ローンセミナーのうちの団信についての御報告です。一般的に銀行の住宅ローン借り入れ条件の中に「団体信用生命保険に加入できる方」と言う項目があります。つまりご健康な方でないと住宅ローンは申込みできません。そのような方にも住宅ローンをご利用戴けるようにと、住宅支援機構のフラット35は団信への加入が任意となっています。下図は中国地域の団信加入率の推移と2年目脱退率状況です。
全国平均と比べ、加入率は約4%低く、脱退率は約1%高くなってます。住宅ローンプラス保険料の支払いが重荷になっているようですね。しかし、保険金の支払は平成25年4月から7月までで、中国支店で165件 支払額約11億円で、毎日約900万円が支払われているいるそうです。ご加入時はご健康であっても、現実こんなに保険金が支払われているわけですから、くれぐれも万が一の時の備えと、日々の健康管理には充分気を付けてお過ごしください。木下でした。

ページのトップへ