アンティーク時計/ 青地

こんにちわ。青地です。先日東富井で工事を行っているU様の実家にてお打ち合わせでお邪魔させていただいたのですが、非常に興味深いアンティーク時計がいくつも目に付いたので時計好きの私は施主様にも尋ねたのですが、年式や生産国も父に聞いてみないと分からないということでした。 文字盤の数字が123などのアラビア数字でなくローマ数字の時点で古い時代に生産されたものだと感じました。アンティーク好きの私はやはり文字盤はローマ数字に惹かれてしまいます。この時計も大きなノッポの…の感じの古そうな時計です。文字盤はアラビア数字でしたが、かなりのアンティーク感でてます。なかなかこのような時計を置いてらっしゃるお宅にお邪魔することはなかったので、やや興奮してました。なぜ古い時計に魅力を感じる理由は、、、正直わかりませんが。。やっぱり重ねてきた年月の深みに惹かれるからでしょうか。。人が創り出したものなのに、人よりもたくさんたくさん長生きして。いっぱいの人に愛でられてきたアンティークたちは、愛着が湧くばかりです。

ページのトップへ