地盤改良 / 家づくりブログ 工務 江口

皆さんこんばんは!

今日の写真は地盤改良の様子です。

地盤改良とは住宅の荷重に地盤が耐えれる様に地盤補強する工事の事を指します。

今日の写真は砕石杭を入れて補強しています。

地盤改良と一口で言っても工法は色々と種類があり、

他では主に表層改良工法、柱状改良工法、鋼管杭工法があります。

一概には言えないですが、目安として地下何メートルまで補強するかによって変わってきます。

今回の砕石杭工法は特徴としてその名の通り砕石を入れて地盤補強する工法ですので

資産価値が下がらない(柱状改良・鋼管杭と違い砕石の為、土地の再利用の際制約が少ない為)液状化現象に強いという事があげられます。但しあまり深い所までは補強できません。

あとよくある質問なのですが、分譲地を買ったから整地されてるし地盤改良は行わなくても大丈夫だよね?

という事をよく尋ねれられます。答えは【NO】です。

ほぼ必要ないラッキーな土地もありますが大多数の土地で必要になってきます。分譲地は表面は整えていますが、地下は何も変わっていない為です。

その辺りは建築前の地盤調査ではっきりとわかるのですが改良が必要となると概ね50万円~100万円の工事費が別途かかります。

ここで注意が必要なのがこの費用を資金計画に組み込んでいないケースです。

弊社では事前の資金計画を専門スタッフと共にしっかりつくるので地盤改良費がもれることはありませんが、

不動産屋さんで直接買われた場合など建設会社がこの費用を初期計画に入れていなくてトラブルになるケースが多いようです。

お気を付け下さい。



 

ページのトップへ