幻想の饗宴/スタッフブログ 木下

皆様こんにちは、木下です。ゴールデンウイークいかがでしたか?充分楽しめましたでしょうか。

私は、今四十瀬に建築中のO様に教えてもらった、備中国分寺で催された、幻想の饗宴を観にいきました。

これは、和太鼓(備中温羅太鼓)の演奏を、夕闇のなかライトアップされた五重塔を背に行われるというものです。

O様のご主人一押しのイベントのようでしたので、私も楽しみにしていました。当日、おのぼりさんの私たち夫婦は、一時間も前からステージの前に座って、暗くなるのを楽しみにしていました。

すると、次第に夕闇が深くなり、淡い光に包まれていた五重塔が、くっきり浮かび上がり、幻想的なムードを醸し出してきました。その前で演奏が始まったわけですが、もうその迫力にはビックリです。

和太鼓の演奏をこんなに近くで見れたのも初めてだったので、もう感動の嵐でした。(もっとも私は綺麗なお姉さんの奏者しか見てませんけど・・・)最後のフィナーレでは、全員笑顔ですごいテクニックを披露していただき、観客も一体となって楽しむことが出来ました。

これはホントに良かったです。来年も行こうと思ってますので、皆様もぜひ感動を味わいに行って見てください。木下でした。そしてO様、教えて頂きありがとうございました。  

ページのトップへ